社会人基礎力:「私服でお越し下さい」とある説明会は、本当に私服で行って良いのか?

説明会のエントリーページには大抵、服装について記述があります。そこに「私服で構いません」と書かれていることがありますが、「本当に私服で良いのか?」と思う就活生もいるのではないでしょうか。結論、「私服で構いません」が、ビジネスマナーは守る必要があります。今回は、この「私服で構いません」について見ていきたいと思います。

◆企業が「私服で構わない」と言う以上、私服で問題ない
まず前提として、企業側が「私服で構わない」と書いている以上、私服で問題ありません。それで評価が落ちることはありません。
ですが、一点だけ気をつけて頂きたいのは、「ビジネスカジュアルは守りましょう」ということです。

いくら「私服で構わない」と書かれていても、Tシャツにジーンズ、サンダルなど、ビジネスカジュアルをわきまえない格好はアウトです。最低限のマナーは守りましょう。
また、「私服で構いません」と書かれている説明会に、スーツで参加しても特に問題はありません。どちらでも構わないので、もし個人的に不安であれば、スーツで参加しましょう。私服で行って周囲の視線を気にしすぎて説明会に集中できなかった、などと本末転倒な事態にならないようにしましょう。

◆「私服でお越し下さい」と、私服を指定された場合、スーツは避けよう
面接などの選考ですと、時に「私服でお越し下さい」「もっとも自分らしい服装でお越し下さい」などと、服装を指定されることがあります。このときはそう指定された以上、私服で参加しましょう。企業によっては、選考基準の一つとして、服装のセンスや選んだ理由から垣間見える価値観を見ているところもあります。

ただ、どうしても不安でスーツで行きたいという就活生もいるのではないでしょうか。それこそ「私服のセンスなどを見られていそうで不安」などの理由から、センスに自信のない就活生が、私服指定の面接にスーツで参加するケースは多いです。

ですが、私服を指定されている以上、スーツで行くのは好ましいことではありません。スーツで参加すると、場合によっては「なぜスーツなのか?」を尋ねられることもあります。
それでもスーツで行きたい場合、なぜスーツなのか尋ねられたら、下手に本音を出すのではなく、「前に他の企業の説明会に参加していたので」「次に他の企業の選考が控えているので」などと、無難に切り返しておきましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です